toggle
2018-11-13

お客様視点でリアルなお店の魅力を発掘!飲食店のInstagram活用


小さなお店・飲食店・カフェのブランディング&販促デザイン
studio miin(スタジオ ミィン)のデザイナー/スタイリスト minaです。

 

集客や営業ツールとしてしっかり活用できる販促ツールの制作に欠かせないのが、
リサーチ作業です。

そんなリサーチ作業に使えるのがSNS。

とくに、20代〜30代の女性をターゲットとしているお店のリサーチには、
Instagram(インスタグラム)の活用がおすすめです。

 

ということで、こちらの記事では、
販促ツールを制作する時にすごく役立つInstagramを使ったリサーチの方法と活用について書いてみますね。

この記事はこんな方におすすめ♪

小さなお店や飲食店の経営者
Instagramを使って、アンケートをとらずにリアルなお客様の声を手に入れて、
よりお客様に喜ばれる販促ツールづくりに活かしたい、
小さなお店や飲食店の経営者さんに活用いただけるとうれしいです。

 

販促ツール作りに役立てる!Instagram(インスタグラム)の活用法

 

お店の販促物を制作する時に、

「何を伝えるか」「どういうイメージで伝えるか」という部分はとても大事です。

 

何をどうやって伝えるかを考える時にも、

『誰に』伝えたいかということを意識していないと、

伝えたい人に伝えることができません。

 

『誰に』というのは、お客様ですよね。

 

実際にお店を経営していれば、お店にはどんなお客様が多いのかは分かります。

でも、実際にお客様はお店にどんな魅力を持っているのか?については・・・

お客様に聞いてみないとわからない部分です。

 

また、20~30代の女性 20代の女性 といっても、
その地域やそのお店の魅力によって集まる女性層も異なります。

  • どの層の、どのような趣味・趣向の女性が集まるのか。
  • お客様が感じているリアルなお店の魅力は何なのか。

 

既に人気のお店であれば、その既存のお客様の特徴を見極めて、その層に響くようにしていくことがとても大事です。

既に来てくださってるお客様が感じている”お店の魅力”を販促ツールで打ち出すことによって、見込み客になり得る人にもしっかり伝えて、期待をしていただくことで、お店でその良さを実感してもらえます。

 

Instagramの『リア充アピール』を販促に活用!

既に来店済のお客様も「よかった」お店に対する感想はSNSやInstagramでシェアしてくれます。

その時に、お店のホームページやショップカード、店頭看板やPOPなど、さまざまな販促ツールがシェアしたくなる素敵なモノで、しかも、その魅力が自分の趣味志向の価値をあげてくれるようなものであれば・・・・
お客様がお店の情報をシェアした時の満足度も上がります。

 

こんな素敵なお店に行ってきました!
わたし、こんな素敵な雰囲気のお店を見つけたんだよ。

 

お客様のちょっとした自慢につながります。

この、お客様による「リア充アピール」を活用できるのが
Instagram活用のメリットの一つです。

 

Instagramで分かるリアルなお客様の声

Instagramでは、「人に自慢したい」「人に教えたい」そんな、魅力を伝える口コミが満載です。お客様が感じているリアルなお店の魅力が何なのかが、Instagramの投稿から垣間見えてきます。

20~30代の女性をターゲットとしているお店であれば、Instagramから沢山の生の消費者情報を得ることが出来るのでリサーチとして活用しない手はありません。

お店が魅力だと思っているモノ・コト と、

お客様が魅力だと思っているモノ・コト には、

少し、違いがあることも多いです。

ですから、Instagramに沢山投稿されているメニュー・共通の感想・共通の印象・共通の魅力を一つ一つチェックしながら、沢山のお客様が同じ様に魅力を感じているポイントを発見して行きます。

そうすることでお客様の感じているお店の本当の魅力がわかり、
お客様の趣味・志向も見えてくるので、今後売って行きたい商品の方向性や販促方法、打ち出し方も、お客様に合わせたお客様目線で考えることができるようになります。

伝えたい人に伝わるような ビジュアル・言葉・表現・企画 を考えるために、
お客様の声をまずは徹底的にリサーチしましょう。

 

Instagramリサーチの方法

Instagramでのリサーチの方法です。

 

まず、インスタのサイトか、アプリでInstagramにアクセスします。

★インスタグラムのサイトはこちら
https://www.instagram.com/

★iphoneアプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/instagram/id389801252?mt=8

★Google Playアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.instagram.android&hl=ja

 

Instagramの検索窓から「#店名」でお店の検索をしてみましょう。

お店の公式アカウントではなく、「#(ハッシュタグ)検索」をかけます。

いかがでしょうか?

お店のことをシェアしている記事は出てきましたか?

  • どんなお客さま層ですか?(服装の趣味・普段の生活・趣味・興味・職場・学校etc)
  • どんな目的で来店されてますか?(来店時間・来店目的・前後の行動)
  • お店のどの部分をピックアップして投稿してますか?
  • どのような感想をアップしていますか?

 

Instagramでお客さま目線のマーケティング戦略

現状、Instagramで検索をかけてみて、もしも、あなたのお店のターゲット層が20~30代女性の飲食店なのに、インスタにシェアされた投稿が何も無かったらそれはとてももったいないことだと思います。それは、ターゲットに合致しているメディアであるInstagramを活用したマーケティングの仕組みができていないということです。

すぐにInstagramの活用をはじめてみてくださいね。

 

  • お店の公式アカウントを作る
  • Instagramにシェアしたくなるような商品・店内・看板など工夫する
  • 店内でもInstagramフォローのPopなどを設置する

 

最初は、メニューや日替わりメニューの投稿からでOK。

実際にInstagramを活用しながら、上記のようなInstagramを少し意識した商品開発や、販促などもしてみましょう。

『どこかにでかけたこと・誰かと楽しんだこと・感動したこと・おいしかったもの・見た目が素敵なもの』そういったモノ・コトをInstagramでシェアする人は多いです。

楽しい時間を過ごすための飲食店ですから、シェア率は高いはずです。

ですから、
お客さまが喜んでついシェアしたくなるような仕掛けを用意したいですね。

 

お店の公式アカウントの基本的な設定と活用

こちらでは、お店の公式アカウントで設定する基本的な項目や活用時のポイントをまとめます。

Instagram運営の基本

インスタグラムを運営するには、写真撮影・投稿・コミュニケーション・マーケティングを戦略的に仕掛けていきます。

  • 写真撮影(世界観・写真の質・内容)
  • 投稿(自社の投稿内容)
  • コミュニケーション(お客さまのコメントへの返信・投稿にいいね!etc)
  • マーケティング(効果測定・リサーチ活用・シェア状況etc)

 

関心を持ってもらうためのプロフィールの設定

名前=覚えて欲しい正式名所
ユーザーネーム=覚えやすい文字列に
投稿時に@ユーザーネームで#ハッシュタグと一緒に記述することでプロフィールページへ誘導しサイト流入やシェアを狙う。
ウェブサイト=ユーザーを誘導したいサイトのURL
自己紹介=ユーザーに期待して欲しいこと・ターゲットの関心を掴む内容

インスタグラムで伝えるための世界観の設定

自社のお店のコンセプトに基づいた世界観を考えて統一感を持たせた投稿を心がけます。

Instagramの投稿時間

SNSへの投稿はユーザーがスマホを触るピークタイムと呼ばれる時間帯を狙います。
通勤時間やお昼休憩、帰宅中の時間や夜のリラックスタイムです。

am8:00(通勤)
pm19:00
pm12:00(ランチタイム)
pm21:00(リラックスタイム)

投稿時のポイント

Instagram内では#を付けた検索ができます。
さまざまな関連キーワードや、人気キーワードの#を付けて、見てくれる人をふやします。

  • #(ハッシュタグ)は10個以上。日本国内であれば日本語中心に。
  • 店舗は位置情報を追加する

#ハッシュタグを付ける時に、どんなキーワードを付けたら良いか迷いますよね。
ハシュレコ https://hashreco.ai-sta.com/

こちらのサイトで関連のハッシュタグを見つけることができますので活用しましょう。

店舗でのInstagramリポスト企画

インスタのリポスト機能を利用して、お客さまにシェアをしてもらうのもおすすめ。
その際、リポストはお客さまの同意が必要なので、店頭で企画を提示して参加してくれた人をリポストする。
リポストはお店にメリットがある(認知・お客さまの顔や人柄を自社公式アカウント上に掲載できる)ので、企画自体はお客さまが喜んでくれるようなちょっとしたサプライズやプレゼントがあると良いとおもいます。

 

忙しい業務の合間の作業になるとおもいますが、
活用出来る部分を意識して活用しはじめてください。

 

Instagramを使った競合店のリサーチで自社のポジションが見える!

最後に、競合店のリサーチ活用について。
自社のリサーチで見えて来たお客様の声だけでなく、競合店のリサーチもしてみましょう。

自社の人気メニューと、競合店の人気メニュー、競合店のお客様の声と、自社のお客様の声との差、掲載されてる写真の内容(店内?看板?店内のモノ・設備・お料理や商品・人の層etc)などなど。

Instagramから、その人が何に魅力を感じているのか、何を自慢したいのか、何をシェアしたいのかを見て行くと、自分のお店との差が見えてきます。

自分のお店だからこその独自性『差別化のポイント』が見えてきます。

 

同じような商品でも、そのお店の立地や、お店の経営者の方針などによってお客様層も違います。

どういう打ち出し方をすると、自社のお店のお客様に共感されるかということを考えるのはとても大事です。

 

販促ツールでは、
お客様の心に自然と届くような共感されるものを作ることが大事です。

売り込みせずに、売れる販促物にするために大事なお客様目線と、
印象を左右するビジュアル活用を効果的にしていきたいですね。

 

 

カフェ・飲食店・小さなお店の販促ツール制作

studio miinでは、女性やこどもをターゲットにした、飲食店や小さなお店の
ブランディング・ロゴ・ショップカード・チラシ・パッケージ・ショッパー等
あらゆるデザインの制作をさせていただいています。

デザイン制作物▶︎

詳しくはこちら▶︎

 

商品撮影個別レッスン

SNSやホームページ、チラシなどの販促媒体で使う写真を自社で撮影できるスキルが身に付つ個別レッスンを実施しています。日々の販促活動に写真を上手に使えると、購買意欲や商品価値アップにつながります。


お料理写真・商品撮影スキルアップレッスンの詳細はこちら▶︎

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
studio miinでは可愛い本と広告・販促物などのデザイン・スタイリング・撮影
その他、さまざまな媒体でのグラフィックデザインのご依頼をお待ちしております。
詳しい実績などは制作実績のページ・デザイン実績のページをご覧ください。
お打ち合わせは都内各所で可能です。

お問い合わせ・ご依頼は
こちらのお問い合わせフォームか直接メールにてお願いします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
関連記事