toggle
Blog

卒園・謝恩会デザイン

 

先週末、長男が保育園を卒園しました。

スーツ姿にほれぼれ・・・←親バカです。

 

とっても良い保育園でした。
みんなが優しい子に育ったのは保育園の影響大だよね〜って、
ママ同士でもよく話していました。
そんな保育園の卒園式、先生に感謝の気持ちでいっぱいに。

 

 

年末に、ママさんたちの呼びかけで謝恩会をやろうという話になって。
係りを決めて、それぞれがそれぞれの係りで責任もって謝恩会の準備をすすめてきました。

 

わたしはデザインができるので、プログラム製作係りに。

 

係りのメンバーとアイデアを出し合って
メンバーみんな次男坊がいるママたちだったのでほぼオンラインのやりとりでことが進むように計画。

コンセプト、デザインモチーフ、テーマカラーなどアンケート形式でちゃっちゃか決定して、データ作るのはわたし。笑

さすが保育園ママだけあって、
サクサクサクサク進みました。

 

保育園のモチーフに合わせて、優しい自然な雰囲気に。
運動会やこども劇場の時のモチーフを取り入れて年長さんの思い出を形にしました。

印刷のあまり部分に、席札や当日子供達にプレゼントするメダルもデザイン。

 

 

 

当日はクイズのお楽しみもあったのですが。

わたしはクイズ係りでもあり。

クイズ出題のムービーもつくりました。

 

新生児クイズも、スライドショーを駆使して超ポップに仕上げて

クイズ番組風に。音楽はゲーム音楽っぽく。動きはテクノ。笑

お店のモニターやプロジェクターが

wifiで繋がってて、

ipadにムービーいれて再生の操作するだけで

カンタンでした。

 

 

エンドロールでは、

プログラムのデザインをムービー内にあしらって

優しいムービーに仕上がりました。

 

 

 

謝恩会は、

笑あり、涙ありの

楽しい楽しい思い出に。

こどもたちも本当に楽しそうだった。

ほんとやってよかったって心から思いました^^

 

先生にうたのプレゼント。
先生・・・泣いちゃうよね。そりゃ。。。

 

 

謝恩会デザインでおもったこと。

デザインって、やっぱり、人の心にプラスのイメージを届けることができるなって。
同じことを伝えるにも

こういう雰囲気で伝えたい
こういうニュアンスで演出したい
こういう気持ちになってほしい

そんな『想い』をカタチにして、自然と届けることができる。

 

わたしが独立するとき
デザインを通して自分は何をしたいのか
自分には何ができるのかって
すごーく考えたんだけど。

やっぱり、こういう
人の心を響かせるような
プラスの効果を乗せて
伝えたいことを伝えたいように伝える。
伝えたい人に届ける。

それがデザインだよなぁって。

 

手にする人のことを想って。
大切に作るのがデザインだと。

そうおもっています。

 

もう、

先生のことやママさんたちのこと、
こどもの気持ちになりまくってデザインや製作したこと

うれしかったし、たのしかった。
デザイナーママとしては。笑

 

 

ということで

4月から長男が、新一年生です。

小学校生活・・・未知だわ・・・不安だわ。

がんばりまーす。

わたしの猫。

 

わたしの猫。

 

三毛猫のチロルと、茶トラの秋助。

チロルは秋助の二歳年上で、

秋助は弟キャラ、

チロルはおねーさんキャラ。

 

すっごい可愛い猫たちと

かれこれ17年暮らしましたが、

チロルは2年前に。

秋助も先日、天国に行ってしまいました。

 

秋助はすごーくしつこいくらいの

ひと懐っこい子だったので

いなくなったこの数日で

15年のナチュラルすぎる存在感の重みを

ひしひしと感じています。

 

 

17年も猫有り生活だったので

突然の猫無し生活・・・

猫ってすごいね。

 

 

寂しいけど、よく生きてくれた。

ずっと一緒にいてくれたし、

二匹ともに、

「最後まで面倒みるね」っていう約束が果たせて

よかった。

 

 

チロルを拾った時は

まだデザイナー目指してもなかった。

バンドやってた。笑

 

秋助が来たくらいには、

デザイナーこころざし始めたくらいかな。

 

わたしがデザイナーになるという夢をもって

頑張ってる時から一緒だったし

会社員時代の徹夜や深夜残業明けのわたしを

めちゃめちゃ癒してくれた子たち。

 

いろんなことを一緒に乗り越えてきたような気がします。

 

 

ここ数年は

独立して、歳をとった猫たちのいる家で

一緒に仕事ができて、よかったなと思う。

 

 

雑すぎる飼い主だったけど。笑

 

チロルも秋助もありがと。

 

 

mina

 

自社製品の何を伝えれば、お客さまの心に商品の良さを感じてもらえるのか?

 

studio miinでは、

女性向け・ファミリー向け、お子さま向けの優しいデザイン・スタイリングを得意としています。

 

女性向けやファミリー、お子さま向けの商品撮影から

広告・DM・WEBバナーなど販促ツールデザインまで

ワンストップでトータルで制作が可能です。

 

”デザイン”は、おしゃれなだけでは意味がありません。

しっかりと伝わるデザインであること

「あ、なんかいいな」と、共感される印象を感じてもらうことが

とても大事です。

 

そして、

狙った動線へ導くこと。

 

読みやすく、わかりやすいこともとても大事です。

 

何を伝えれば、お客さまの心に良さを感じてもらえるのか?

ということはとっても大事です。

 

何を見せるのか

何を伝えるのか

 

広告や販促物では伝え方がとても大事です。

商品情報がカタログのように掲載されただけのDMやチラシよりも

なんか素敵だな

なんか気になるな

という、お客様の心が動くツールをつくりませんか?

 

どうやって心を動かすか。

それは、ビジュアルイメージとキャッチコピーなどを

うまく活用することです。

 

お客様の心に届くメッセージを一緒に考えます。

販促物の制作経験のない企業のご担当者様でも大丈夫です。

お気軽にご相談くださいませ。

離乳食本のスタイリング撮影でした

 

先週は、離乳食本のスタイリング撮影でした^^

写真はリース屋さん。

離乳食にちょうどよい

このサイズの小さい器は数も少ないので・・・

片っ端から集める雰囲気です。笑

 

 

もー 年末から、

撮影の前の週までインフルエンザの猛威?の影響を

がっつりを受けてしまった我が家。

 

大人は平気だったけど、

次男坊が長引いて、

なんかとっても

かわいそうでした。

 

 

ことしはインフルエンザの当たり年すぎですよね。

この時期に外撮影の仕事は

危険・・・笑

 

でも、

お友達のスタイリストさんを抑えさせていただきつつ

なんとか撮影週には保育園復活で

無事撮影終了しました。

 

 

今回のご依頼はデザインまで担当させていただくので、

ただいま絶賛デザインFMTづくりをしています。

可愛い離乳食本になるようにがんばりますー

 

 

 

お料理本・レシピ本の

スタイリング・装丁・デザイン・DTPのご依頼受付しております

お気軽にお問い合わせくださいませ

老舗製菓メーカーの周年広告 スタイリング撮影でした

 

ことし最後のお仕事は、

某老舗製菓メーカーの周年広告撮影のスタイリングでした。

 

今回は、歴史のある製菓メーカーのイメージということで、

担当の方からイメージを共有いただき、

和の焼き物をご希望ということで

器を、作家の中田麻子さんの作品をお借りして撮影しました。

麻子さんの陶芸教室には

子供と一緒におじゃましたことも何回かあるんです。

 

こうやってお仕事ご一緒できてうれしいな。

 

 

撮影も、和の雰囲気のウッドボードと合わせて、

シックで、歴史を感じる

素敵な雰囲気になりました^^

お料理写真の撮り方講座 写真とスタイリングの講師

 

11月28日、川崎市の自然派お料理教室ワクワクワーク様主催の、

認定講師のための特別講座で、お料理写真講座の講師として呼んでいただき、

講座を開催してきました。

 

 

昨年も担当させていただいて、好評だったようで、

今回も開催となりました。

 

今回は座学メインで、お料理写真の撮影の基本をお伝えしたのですが、

たくさんお伝えしたいことがあって、

限られた時間のなか、いっぱいお伝えしてしまったので

どうだったかなぁと心配でしたが、

 

みなさん、とっても勉強になったと言ってくださって

よかったです。

 

ワクワクワークの、のなさんとなえみさんにも

生徒さんへのアドバイスが優しくて的確だと

褒められました。笑

 

 

またやりたいなー。

 

mina

 

こどもと一緒にしまじろう弁当♪おうちピクニック

 

 

週末、おでかけしない日曜日の・・・

お家ピクニック用に 笑

 

こどもと一緒に

お弁当づくりをしました^^

 

menu

肉巻きカレーケチャップソース

ソーセージ

ポテト

たまごやき

枝豆

 

 

 

 

 

少し前に

ベネッセさんからいただいた

お名前シール&お弁当デコシールがあったので

しまじろう弁当に決定♪

 

 

 

 

おうちのボールプールテントで

キャンプ気分っぽかった。

 

うんうん

なんとか、おでかけしない方向で・・・・ごまかせた!

 

費用対効果バツグンの集客効果のある販促ツールの作り方のポイントは?

 

個人事業主の方や、ちいさなお店のための販促ツールの企画では、

費用対効果バツグンの集客効果のあるもの

というのが結構ポイントになることが多いです。

 

あまり予算がかけられない・・・という実情があるため、

デザイナー側でも

なるべく一度で二度美味しい・・・・方法を模索したりします。

とくに、

リーフレットやチラシは、制作費も高くなるので。

 

ということで、

わたしが制作した中から

一度で二度美味しいアイデアを工夫して企画した、

販促動線にあった活用できるツールで、実際に活用されてるものをご紹介してみますね。

 

 

今回は、

とあるハーブティー専門店さんの例です。

 

メインビジュアル(撮影・スタイリング)

o0640064013518530938

デザインを考えるとき、

色やテイストを、コンセプトに合わせて考えるのですが

(伝えたい人に伝えるために、伝える内容はブランディングして導き出していきます)

そのあと、

メインビジュアルになるような、基本のデザインやロゴ、写真などを決めます。

そうすると、

全体で統一感もでて、ブランド色がつくれます。

 

 

 

 

ミニチラシ

o0550035713648642901

A6サイズのミニチラシは万能選手です。

とくに、物販をされてる場合使い勝手が良いのでオススメすることが多いです。

そして、2Way 3Wayの使い方も工夫次第で展開できます。

こちらのミニチラシは、チラシとしても、パッケージとしても使えるデザイン。

商品に差し込みで入れてブランドイメージを伝えるツールとしても使えるので、

ミニリーフ的な役割も。

3Wayで使える、汎用性の高いツール。

印刷代も安くすみます。

 

 

リーフレット

 

o0480053213716666581

o0480048013716666592

こちらリーフレットですが、ただの商品紹介リーフレットではありません。

デザインで、おしゃれなデザインで、

『顧客サービス&販促』に活用できるという、なかなかの企画性をもった販促ツールです。

 

活用を考えたとき、

商品紹介のミニチラシがあるから、同じようなのつくっても・・・・

でも、

商品を届けるときのアイテムとして何かをつけたい。

ブランドが伝わり、

専門性が伝わり、

親切・顧客フォローもでき、

美味しいお茶の入れ方というノウハウもお伝えできる。

そんなリーフレット。

 

 

 

写真の撮り方

o0480032113716666606

毎日の販促といえば、

自分メディアの構築と、コンテンツの蓄積です。

そのときに、自社イメージをよりよく伝えるためのツールとして、

『写真』は使えるアイテムです。

自分で撮影できると、楽しいし、人としての価値もアップする。ステキなスキルです。笑

 

 

いかがでしょうか?

効果の出る販促を考えたとき、

どんな風に活用するか?どういう動線を敷けるか?が、とっても大事なのですよね。

そのために、

スキルやツールをうまく活用していくことが大事だと思います。

 

自分でつくるときにも、

ただの内容(スペック)を伝えるツールとなってしまわないようにしたいところです。

とくに、女性をターゲットにした場合、

スペックよりも

伝えたい・活用すべき なのは、

イメージと、共感できる想い なのだと思います。

 

 

 

販促ツールあれこれ。どのツールがどういう役割なの?

05_emicard03さまざまな販促ツールがあります。

名刺、チラシ、リーフレット。

ロゴ、ホームページ、ブログ。

よく、デザインのクライアントさんからいただくお声に、

「どれがどういう役割なのか、違いがよくわからない」ということがあります。

 

みなさん、販促ツールそれぞれの役割をぼんやりさせて、

こういうのもっておけばいいんでしょ〜

みたいな雰囲気で作ってる方が多いな、と思います。

 

そういうつもりはなくても、そういう感じの『内容』になってしまってることが多々あります。

 

今日は、そんな販促ツールたちの分類と、

どいう目的で使うものなのか?ということをお伝えしてみますね。
(さらに…)

1 2 3 4 5 7